FC2ブログ

♡美緒のメモ♡

2012年12月白血病(骨髄腫の特殊型)と診断。治療は骨髄腫に準ずるが症例も少なく治療法も確立されていない。諦めずに明るく過ごしま〜す!♡ケ・セラ・セラ〜♡
2020年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年12月
TOP移植後の外来治療1 ≫ 外来と心臓の超音波検査

外来と心臓の超音波検査

今日は外来。
前の病院に比べて血液検査の待ち時間が長め。
前と同じ感じでいっちゃダメみたい。
心臓の超音波検査もあるのに、時間が押しちゃって
少し焦ってしまった。(予約時間に間に合ったけど)

血液検査も予定より遅めになっちゃったから
診察時間も遅れてしまった。。。
(血液検査の結果が出ないと診察できないため)

でも、診察の待ち時間にいいことも♫
入院中、同じお部屋でよくおしゃべりしていた患者さんに再会!
ぼけ〜って待っているところに声を掛けてもらいましたぁ〜(*^^)v
久々にお会いでき、
お話もできてとっても嬉しかったですヽ(=´▽`=)ノ

さて、診察。
先生から体調を聞かれ
・全体的にはいい調子だと思う。
・体温が今まで微熱だったが36台になってきた。
 (とは言え、36.8〜36.9位だが)
・胃のムカつきもなくなり食欲は普通になってきた。
・息切れ、立ちくらみもだいぶ減ってきた。
 (昨日は2km以上散歩ができた)
・お腹の調子は相変わらず。ゆるめで回数が多い。
 (水様便や下痢ではない。昔は便秘気味だった)
・ふと気づいたらシャントの音が少し静かになった気がする。

先生は体調をカルテに打っていく。
食欲の面、息切れ立ちくらみがなくなったことに関して
「いい感じですね」って。
心臓の超音波検査は疲れやすさ、息切れ、立ちくらみが
あったからやった検査。
結果は問題なし、とのことでした。

お腹の件は軽いGVHDが出ているのでしょう、と。
今日は便の検査も出し、菌など異常はなかったとのこと。
こういったところからもGVHDの可能性が高いってことなのかな?

あとはシャント。(透析の為に手術した左手の件)
これは今の病院では詳しく見ることができないとのこと、
前の病院で診てもらったほうがいいと言われました。
(先生)「前の病院には暫くいってないですよね?」
(私)「はい、転院以来行ってないです」
(先生)「まあ、久々に先生に顔を見せてもいいんじゃないですか?」

えっ?会いたいって思っていたんだけど〜(内心嬉しい!)

(私)「えっ?でもシャントって血液内科の先生でいいんですか?」
(先生)「まずは血液内科の先生に診てもらって
 そこから専門の先生に診てもらうようにすればいいんじゃないですかね」

そうなんだ〜♫

しかし、シャントが変かな?って思ったのは昨日。
だからもう少し観察してみるということにしました。
と言っても、前の主治医に会いたい気持ちもあるし、
念のためシャントの検査もしたいから
来週、先生にお願いしてみるつもり♫

診察はまた来週もあるけれど、お腹の調子次第
2週間に1度にするとも言われました。ちょっとビックリヮ(゚д゚)ォ!

<血液検査の結果>
・WBC 6.2 (前回 6.6)
・Hgb 11.2 (前回 11.0)
・血小板 11.1 (前回 13.1)
腎機能
・クレアチニン 0.88 (前回 0.97)
・eGFR 58 (前回 52)
↑これはスゴく嬉しかった!
 クレアチニンは1.0を切ってくれたら嬉しいな〜
 って思っていたから。腎臓くんありがとう!!!

腎機能で喜んでいたけれど。。。
肝機能が。。。
ALPの値が上がり傾向なので肝臓のお薬が追加になりました〜
(前の病院のときもALPは高い値だったけどスルーだったなぁ〜)
ALP 392 (前回 355)
肝臓くんもお薬の力借りてよくなっていこうね♫

という訳で、まずまずな診察で終わりました(^^)



にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

美緒

Author:美緒
2012/12 
白血病(PCL)と診断。

骨髄種と同じ形質細胞のがん。
(骨髄腫の特殊型)
多発性骨髄腫とは違い
急性白血病のように進行は早い

かなり稀な病で症例も少なく
データもない。
そのため確立された治療法もない。

発病当初に腎不全にもなり
人工透析もしていました。
(現在は離脱したものの
 腎不全のままです)

前向きに人生模索したい!

VAD療法3コース終了
・オンコビン(V)
・アドリアシン(A)
・デカドロン(D)

VCD療法5コース終了
・ベルケイド(V)
・エンドキサン(C)
・レナデックス(D)

VRD療法3コース終了
・ベルケイド(V)
・レブラミド(R)
・レナデックス(D)

フルマッチではないけれど
ドナーさんが見つかり
移植も無事終わりました!
ドナーさんありがとうございますm(__)m

移植後も治療は続く。

R療法:レブラミド
(維持療法)
2コース目後半で
好中球減少症で中断

好中球が上がり
R療法(維持療法)を
再開しようとしたら、、、

まさかの再発
移植に向けた治療へ

VRD療法
・ベルケイド(V)
・レブラミド(R)
・レナデックス(D)

PAD療法2コース
・ベルケイド(P)
・ドキソルビシン(A)
・レナデックス(D)

VRD療法
放射線治療
(部分照射)

再移植(臍帯血移植)
2014/9に無事終了

現在、自宅療養中

いただいた命を大切に過ごしていきます!

twitter
ちょっとしたことをつぶやいています♫
FC2ランキング
ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
264位
アクセスランキングを見る>>
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ