FC2ブログ

♡美緒のメモ♡

2012年12月白血病(骨髄腫の特殊型)と診断。治療は骨髄腫に準ずるが症例も少なく治療法も確立されていない。諦めずに明るく過ごしま〜す!♡ケ・セラ・セラ〜♡
2020年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ VCD療法(入院治療)
CATEGORY ≫ VCD療法(入院治療)
       次ページ ≫

今日からCVD療法

今日から新しい抗がん剤治療、
CVD治療が始まった。
これは先日、先生から治療の説明を
受けたもの。

1)ベルケイド
2)エンドキサン
3)レナデックス
↑これらを週一で投与。
4週(4回)投与し5週目休み。
35日1クール(7日×5週)

エンドキサン…
どーしても「えんどーさん」
って浮かんでしまう(ー ー;)
(相変わらずバカな患者)

今回は点滴じゃないから楽な方。
ベルケイドは皮下注射。
エンドキサン、レナデックスは
錠剤を飲む。しかも週一。

皮下注射…どこから?
と思ったら、お腹。(まじ?)

腕にグランを打って大丈夫だったし
まぁーチクくらいだろー
って思ったら甘かった。

刺し始めはいんだけど、
薬が入ってる間、じわりじわりと
痛みが。
「イテッ」って少し言っちゃった。
(私にしては珍しい)

先生は淡々と
「グランより液量が少し多い
ですからねぇー」って。

「ふーん、そーなんですねー」

まあ、私が思ったより痛いと
感じただけで、結果的にそんな
痛い部類には入らない。
一瞬ちょいだし。軽い軽い

薬投与後は痛くも何ともなく
リハビリの運動してたくらい。

先生たちは効果を期待してるから
その期待に身体が反応して欲しい。
(やっぱり他力本願(ー ー;))

心配なのは痺れだけ。
今より酷くなんないでー
スポンサーサイト



にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ

CVD療法2日目

CVD治療を開始して強い副作用は
今のところない。

吐気とかだるさとか発熱とか
そういうのがないって嬉しい。
だって、動けるんだもん。

治療を始める前、先生から説明があった。
とにかく辛い副作用を気にした私。
「VAD1回目より辛いですか?」
(確認する私)
「そういのは今回ないと思います」
(さらりと先生)

今回の治療は吐気とかより痺れの副作用が
気になるもの。(ベルケイドを使うため)
先生もそこを気にしていた。
というのも既に痺れがあるから。
(オンコビンの副作用)

私もこれ以上は…と結構気にしているし
先生にも痺れの件は伝えている。(はず)

筋電図検査も受けたし神経科の先生と
血液内科の先生で何かしら連絡は取っている、
と信じたい。(まだ結果もきいてないから)

痺れに関してはちゃんと観察しないと。

朝は割と調子よかったけど
夜になってきたら左腕がビリビリ。
手のひらもビリビリ。
いつもより左手が。。。重い。
明日の朝まで様子見るけど
こーいうことを伝えないとね。



にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ

CVD治療3日目

CVD治療3日目。
うーん…副作用???
痺れがやや強いというか、
範囲がちょっと広がった?
と言うか…

左手の痺れがちょっと…気になる。
あと、足の先も痺れてるような…
(前に痺れてから落ち着いていた)

えー、ベルケイドの副作用だったら
どーしよー。

4回の注射のうち1回目。
回を重ねる毎に副作用は出るかも、
と言われていた。

???
1回目でこれはいーんすかぁ?

先生に聞いてみよー。
いつ先生は来るんだ?
あっ、明日は回診だ。 にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ

CVD治療4日目

う~~ん、気のせいと思いたいが
痺れと何だかだる~~~くて
身体が重~~くて。
目がとろ~~~んとして。

まあ、起き上がれって動けるから
辛いだるさのうちには入らない。

初めてのときの大変さがあると
多少のことじゃ何とも思わない。

ただ客観的に見て(見てると思いたい)
徐々にだるくはなっている。

そういった体調も見つつ
変化を見つつ過ごしていこっ。

今日はこれから代謝検査。
病院食をちゃんと完食してるのに
痩せてしまったから。
いろんなこと検査するな~
この際いろいろわかるといいな♪


にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ

CVD治療5、6日目

若干のだるさはあるものの、
動こうと思って歩いたり
リハビリも多少はできているから
だるいなりに回復傾向!

動けて、食べれれば
何てことないっ!!!

けれど…問題の痺れ。
筋電図検査の結果を先生が教えて
くれた。(CVD治療の前に検査)
左手がやはり少しよくないみたい。
あと右手も。(左程ではないが)
足は異常なしとのこと。

元からあった痺れが少し広がってる
と言うか…若干痛みが増してる
と言うか…痺れの表現は難しい。
あと、足の指が少し痺れてる?
みたいな感覚で…

ベルケイドの副作用???
と思ったり…

先生にも看護師さんにも伝えてある。
副作用としては現れるのが早いような
ことも言われたが…
痺れは特に注意して治療するとのこと。

吐気とかないのは嬉しいが、痺れは
いつまで続くかわからないから厄介。

今後も観察しよーっと。 にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
プロフィール

美緒

Author:美緒
2012/12 
白血病(PCL)と診断。

骨髄種と同じ形質細胞のがん。
(骨髄腫の特殊型)
多発性骨髄腫とは違い
急性白血病のように進行は早い

かなり稀な病で症例も少なく
データもない。
そのため確立された治療法もない。

発病当初に腎不全にもなり
人工透析もしていました。
(現在は離脱したものの
 腎不全のままです)

前向きに人生模索したい!

VAD療法3コース終了
・オンコビン(V)
・アドリアシン(A)
・デカドロン(D)

VCD療法5コース終了
・ベルケイド(V)
・エンドキサン(C)
・レナデックス(D)

VRD療法3コース終了
・ベルケイド(V)
・レブラミド(R)
・レナデックス(D)

フルマッチではないけれど
ドナーさんが見つかり
移植も無事終わりました!
ドナーさんありがとうございますm(__)m

移植後も治療は続く。

R療法:レブラミド
(維持療法)
2コース目後半で
好中球減少症で中断

好中球が上がり
R療法(維持療法)を
再開しようとしたら、、、

まさかの再発
移植に向けた治療へ

VRD療法
・ベルケイド(V)
・レブラミド(R)
・レナデックス(D)

PAD療法2コース
・ベルケイド(P)
・ドキソルビシン(A)
・レナデックス(D)

VRD療法
放射線治療
(部分照射)

再移植(臍帯血移植)
2014/9に無事終了

現在、自宅療養中

いただいた命を大切に過ごしていきます!

twitter
ちょっとしたことをつぶやいています♫
FC2ランキング
ブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ

にほんブログ村 病気ブログ 多発性骨髄腫へ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
448位
アクセスランキングを見る>>
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ